ラミクタールを摂取しながらの分娩はアスペルガー

最近の女性にとって仕事や人間関係など様々な不安要素はたくさんあります。そのなかでも非常に多いのがこれまでしっかりと仕事をしてきている人が頑張りすぎて、精神的に不安定になり最終的にはうつ病と診断される場合などが考えられます。そのような場合には、病院にいってしっかりと医師やカウンセラーに話を聞いてもらうことで、現在の症状や状況を把握してもらい、精神的に追い込まれてしまった原因について考察してもらうことがあります。このような中で、現在ではラミクタールと呼ばれる精神安定剤が処方されることがあります。この薬を飲むことで精神的に悲しい思いでいっぱいになった時に、きっちりと対応することができる点と、さらには気持ちを落ち着かせ、うつ病の発症を防いでくれるなどの安定効果が望めます。しかし、ラミクタールを摂取するときに気を付けておかなければならないこととして、分娩時に摂取しすぎると、生まれてくるこどもがアスペルガーなどなんらかの障がいを持っている可能性があるかもしれないということです。しかし、原因や要因などははっきりとしていないため、あくまで統計的に平均より多いとされていますが、それでもきっちりと分娩する際にはお薬を控えるなどの対策が必要になってきます。現在では、医師によりしっかりと患者さんの症状を把握するとともに、妊婦さんかそうでないかによってお薬を飲むか飲まないかの判断を医師と一緒にしていくことになります。そうすることで、乳児に対して影響のないお薬を処方しておくことが可能になってきます。また、影響のあるお薬を処方する場合には、しっかりと観察しながらできるだけ影響範囲が少なくなるように対応していく必要があります。

関連記事